LlGetOmega/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: vector llGetOmega( );

ラジアン/秒で表したオブジェクトの回転速度を vector で返します。

警告

  • 子プリムから呼ばれたときは、ルートプリムの Omega を返します。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

<lsl> default {

   state_entry()
   {
       llTargetOmega(<0,0,0.5>, 1, 1);
   }
   touch_start(integer total_number)
   {
       vector omega = llGetOmega();
       llSay(0, (string)omega);
   }

}

</lsl>

関連項目

関数

•  llGetAccel
•  llGetVel
•  llGetForce オブジェクトの力を取得します
•  llGetTorque
•  llGetMass
•  llTargetOmega 軸を中心にしてオブジェクトを回転します

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function vector llGetOmega();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。