LlList2CSV/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: string llList2CSV( list src );

src の要素を、その並び順どおりにカンマ区切り形式にした文字列を string で返します。

• list src

より正確に言うと、各要素はカンマとスペース (", ") で切り分けられます。

この関数の機能は llDumpList2String(src, ", "); と同等です。

この関数で出力される結果はだいたい CSV 形式ですが、隅々まで一致しているわけではありません。

逆の処理を行なう場合は llCSV2List 関数を使ってください。しかし、警告を参照してください。

警告

  • llCSV2List は、元々の文字列のどこかにカンマがある場合、逆変換を行いません。回避策の一つとして、最初にユーザ入力文字列に llEscapeURL を使用して、それからリストに加えるという方法があります。llUnescapeURLllEscapeURL を逆変換します。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

default
{
    state_entry()
    {
        list my_list = [1, 2.0, "a string", llGetPos(), llGetRot(), llGetOwner()];
        llOwnerSay(llList2CSV(my_list));        
    }
}

関連項目

関数

•  llCSV2List
•  llDumpList2String
•  llParseString2List
•  llParseStringKeepNulls

記事

•  Typecast

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function string llList2CSV( list src );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。