LlPushObject/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llPushObject( key target, vector impulse, vector ang_impulse, integer local );

オブジェクト targetimpulseang_impulse をかまします。

• key target SIM 内にあるアバターかオブジェクトの UUID
• vector impulse Push の力の大きさと方向。方向は local の影響を受けます。
• vector ang_impulse 回転力。
• integer local 真偽値。 TRUE ならば、 targetローカル 軸を使用し、 FALSE ならば、 リージョン 軸を使用します。

警告

  • Push が制限されていない、あるいは土地のオーナー所有のスクリプトの場所でのみ動きます。
    • 土地がグループ所有の場合、スクリプトのオブジェクトは同じグループに譲渡されなければなりません。
  • Pushの有効性は スクリプトエネルギー の利用可能な量によって調整されます。
    • Simplified Code Snippet というものがあり、そこで Push が Havok4 プロジェクトの中でどのようにして実装されたかと、エネルギー収支が最終的な Push の大きさにどのように影響するのかをネタバレしています。
  • Push 禁止のエリアではオーナーを Push することだけができます。
  • アバターにかますときは、 ang_impulse は無視されます。
  • エネルギー の使用量は impulse を 20,000 で割った大きさで計算されます。
  • Push の衝撃は遠くに行くにしたがって、距離の 3 乗の割合で軽減されます。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

// ぶつかったオブジェクトやアバターを Push します。
default
{
    collision_start(integer num_detected)
    {
        llPushObject(llDetectedKey(0),<0,0,100>, <0,0,100>, TRUE);
    }
}

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llPushObject( key target, vector impulse, vector ang_impulse, integer local );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。