Project:Languages/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

お知らせ:

Project:Languagesは最近訂正されました。議論ページに関連したページで新しい提案と議論を慣用してください。


SL wikiでの言語の使用の指針

このページでは、SL wiki (http://wiki.secondlife.com) での言語の使用とコンテントの翻訳についての指針について検討します。SLビューアの画面の翻訳については、別のページHow to Localize Your Worldで検討しています。また、i18n Projectという、居住者による活動についてはProject:i18nにあります。

今のところ、このページの内容は、提案にすぎません。どうぞ、関連した議論のページで議論したり、単にこのページを書き直したりしてください。ただし、将来は、このSL wikiのコンテント全体が、このページの記載される改訂されたガイドラインに従うことが予定されています。もしも、すでに行なわれているやり方を変更すると、だれかが新しい規則に従うように既存のページを書き直さなければなりません。

だから、この件に関して何か言いたいことがあるなら、どうかすぐに議論を始めて下さい。

Video Tutorial

Creating pages

基本の言語

英語はSL wikiの基本の言語です。

英語を選んだのは、それが現代の国際的なコミュニケーションに於いてもっとも一般的な言語だからです。英語を母国語とする人たちを優遇するためではありません。ですから、もしもあなたが英語が非常に上手だとしても、読者は英語があまり得意でないと想定して、平易で単純な言い回しを使うようにしてください。

必要ならば、英語の文の一部で外国語を使っても構いません。ただし、英語化された表現あるいは外来語として一般的に認識されている物でない限り、ラテン語とかギリシャ語とかフランス語とかを使うのは避けてください。

ページのタイトル

SL wikiのページのタイトルは項目の同言語にすべきです。

同じ件名で衝突する項目名の場合(たとえば、llSayのようなLSL Portal関連の項目はほぼ全て)、基本のページは英語にすべきです。

英語以外のコンテント

英語以外の言語で新しいページを作りたくなったときには、それを二つの言語で執筆することを検討してください。一つのページを英語、もう一つのページを英語以外の言語で書き、Template:Multi-lang で両者を関連付けます。具体的な方法については、後の項を参照してください。この場合、英語のページは完璧である必要はありません。簡単なサマリーで十分です。

もしも、英語のページを書くつもりがなかったり、必要な技量がなかったりする場合でも、ほとんど空っぽの英語のページを作って、「The content of this page is not available in English for the moment. (このページの内容は今のところ英語になっていません)」などと書いておき、英語以外のページを、そのページの翻訳ということにしてください。

こうしておけば、だれか他の人が後からあなたが書いたコンテントを英語に翻訳するときに、ページの構造を変更しなくて済みます。

翻訳

Linguists are invited to translate SL Wiki pages into other languages.

ページのタイトル

翻訳版のコンテントは、独立したページとして書いてください。

翻訳ページのタイトルは、英語のページのタイトルに相応する訳にしてください。翻訳ページは

{{multi-lang|1=ENGLISH_ARTICLENAME|2=/LANGUAGE_CODE}}

をページのトップに含めるべきです。
(翻訳元の) 英語ページについては、

#REDIRECT [[NON_ENGLISH_ARTICLENAME]]

だけ書かれた転送用ページを ENGLISH_ARTICLENAME/LANGUAGE_CODE に作成してください。

注意:
英語ページが {{multi-lang}} テンプレートでなく {{help}} を使っている場合は、以下のようにしてください:

{{help/LANGUAGE_CODE|Parent=ENGLISH_ARTICLENAME}}

項目名の衝突では以下の提案がなされています。項目名の衝突には 2 パターンあり、対処法が異なります。

衝突: タイトルの識別 - 同じトピック

同じトピックで衝突する二つの項目のケースで、英語の項目を基本ページと置いて、英語ではないページを適切な言語コードと合わせてサブページに出来ます。例

その他

衝突: タイトルの識別 - 異なるトピック

以下の筋書きを検討します。

  • Sim "Lune"に関する項目を/wiki/Luneとする。
  • 天然衛星に関する項目を/wiki/Moonに位置する"Moon"とする。

これらの項目はフランス語に翻訳されるとすると、"Moon"が"Lune"と衝突します。

現在の提案は、Lune (sim)のフランス語翻訳はLune/frに置き換えられ、Moon (天然衛星)のフランス語翻訳は/wiki/Lune_(satellite_naturel)[1] (/wiki/Moon/frから自動で転送)に置き換えられます。

ページLune (sim)は上部にあいまい性の除去を含めるべきで、"Si vous recherchez des informations sur le satellite naturel, consultez la page Lune (satellite naturel)"を含んでいます。 [2].

カテゴリ

カテゴリは項目のように扱われます。Category:LSL Money/frの代わりに、私たちはCategory:LSL Argentを用いました。

Languages テンプレート

翻訳ページには、{{Multi-lang}} テンプレートを使って印をつけてください。翻訳版が存在する英語のページにもつけてください。{{Multi-lang}}テンプレートは、ページの最初の方に記述してください。また、同じぺージの翻訳版同士では、同じ場所になるようにしてください。

整然と{{Multi-lang}}テンプレートを使うことによって、読者が、望みの言語で書かれたページを見つけるのが簡単になります。

Template:Multi-langは経過的な理由で、別名Template:Languagesでもまた有効なことに注意します。

リンク

対象のページが同言語で翻訳されていない場合、主言語 (英語)ページにリンクします。

内容の一致

翻訳ページの内容を対応する英語のページの内容と一致させるように努めてください。しかし、翻訳したからといって、元のページの変更を追跡する義務を負うわけではありません。誰であれ食い違いに気づいた人は、翻訳を更新するといいでしょう。

このため、翻訳ページにだけ新規の情報を追記するのは、危ないことになります。それは、だれか別の人が、内容を一致させようと思って、追加部分を削除してしまうかもしれないからです。翻訳ページにだけ追記したときには、はっきりそうとわかるようにしておく必要があるでしょう。

言語コード

SL wikiでは、ISO 639-1 (の英字2文字の) コードとISO 639-3のコードとの両方を、言語の識別に使います。

両方に含まれる言語の識別には、639-1の英字2文字コードを優先します。

(この点については、議論のページを見てください。)

言語コードの一覧

この文章を書いている時点では、以下の言語コードがSL wikiで実際に使われています。このリストは、時とともに増えていくはずです。

Code Language Language (native)
da Danish Dansk
de German Deutsch
el Greek ελληνικά
en English English
es Spanish Español
fr French Français
he Hebrew עברית
it Italian Italiano
ko 韓国語 한국어
ja Japanese 日本語
nl Dutch Nederlands
no Norwegian Norsk
pl Polish Polski
pt Portuguese Português
ru ロシア語 Русский
sv Swedish Svenska
zh-Hans Chinese (Simplified) 中文(简体)
zh-Hant Chinese (Traditional) 中文(繁體)

英語のページのタイトルには言語を識別するための言語コードを付けないので、"Something/en"のようなタイトルは使いません。しかし、英語を表すenという言語コードは、他のいくつかの場面で利用します

Footnotes

  1. ^ 意味: Moon (天然衛星)
  2. ^ 翻訳: "天然衛星について調べている場合は、Lune (satellite naturel)で検索してください。