Timer/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

説明

イベント: timer( ){ ; }

timer() の処理を繰り返します。 llSetTimerEvent ライブラリ関数の呼び出しで発生します。


警告

  • timer イベントの間隔は llSetTimerEvent で指定されたものよりも長くなることがあります。これは以下の理由によるものです:
    • 時間拡張 - 詳細は llGetRegionTimeDilation を参照してください。
    • デフォルトのイベント遅延時間 - 1 秒にいくつものイベントが発生した場合のみ。
    • イベント実行時間 - イベントの実行に非常に時間がかかった場合。
  • 一度に起動できるタイマーは 1 個のみです。
  • タイマーはステートが変更されても残ります。しかし、スクリプトがリセットされると削除されます。

サンプル

float gap = 2.0;
float counter = 0.0;
 
default
{
    state_entry()
    {
        // 2 秒間隔のタイマーリスナーを起動します
        llSetTimerEvent(gap);
    }
 
    timer()
    {
        counter = counter + gap; 
        llSay(0, (string)counter+" seconds have passed");
    }
}

参考情報

関数

•  llSetTimerEvent
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。