LlUnSit/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llUnSit( key id );

id で指定されたアバターが、このスクリプトの入ったオブジェクトに座っている場合、あるいはオブジェクトの オーナー が所有している土地に座っている場合、そのアバターは強制的に立たされます。

• key id 同一 地域 にいるアバターの UUID

サンプル

//座ったら立たせます。着座ポイントを必要とします。
default
{
    state_entry()
    {
        llSitTarget(<0.0, 0.0, 0.1>, ZERO_ROTATION); //実行するには、 llAvatarOnSitTarget が必要です。ベクトル要素は全部が 0 であってはいけません。
    }
    changed(integer change) //changed イベント
    {
        if (change & CHANGED_LINK) //changed イベントで、リンクかアバターの着座状態に関連する場合
        {
            key user = llAvatarOnSitTarget();
            if (user) //changed イベントがアバターの着座であった場合
                llUnSit(user); //着座ポイントのアバターを立たせます
        }
    }
}
//座ったら立たせます。着座ポイントは不要です。
default
{
    changed(integer change) //changed イベント
    {
        if (change & CHANGED_LINK) //changed イベントで、リンクかアバターの着座状態に関連する場合
        {
            integer link = llGetNumberOfPrims();
            key id;
            while(llGetAgentSize(id = llGetLinkKey(link--)))
                llUnSit(id);
        }
    }
}

関連項目

イベント

•  changed

関数

•  llAvatarOnSitTarget
•  llSitTarget

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llUnSit( key id );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。