LlForceMouselook/ja

From Second Life Wiki
< LlForceMouselook
Revision as of 05:16, 25 February 2016 by SakuraNoel Fayray (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

要約

関数: llForceMouselook( integer mouselook );

プリムに座った時にアバターを強制的に マウスルック に移行させるかを設定します。

• integer mouselook 真偽値です。 TRUE ならば、アバターがプリムに座った時に、強制的に マウスルック モードに移行させます。 FALSE でこの設定を解除し、エージェントのカメラモードを変更しないようにします。

着座ポイント がなくてもこの関数は動作します。

この関数が (HUD のような) アタッチメントで使用された場合、装着している人はマウスルックモードに強制移行しません。正しくは、スクリーンの下端にボタンが表示され、マウスルックに移行するには装着者がそれをクリックしなければなりません。これは CONTROL_ML_LBUTTONllTakeControls にキャプチャされたときに起こることと似ています。

警告

  • この関数は既に座っているアバターには影響を及ぼしません。
  • ユーザはいつでもマウスルックモードを抜けることができます。
    • これは、llGetAgentInfo を定期的に呼び出すことで検出できます。
  • 誰かがこれを無視するクライアントを改造・作成するのを止めることはできません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

座るときにマウスルックを強制する

default
{
    state_entry()
    {
        llForceMouselook(TRUE);
    }
}

関連項目

特記事項

Search JIRA for related Issues

テスト

•  llForceMouseLook Test

Signature

function void llForceMouselook( integer mouselook );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。