LlApplyImpulse/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llApplyImpulse( vector force, integer local );

オブジェクトに衝撃を加えます。

• vector force
• integer local 真偽値がTRUEの場合、forceリージョン方向ベクトルの代わりにローカル方向ベクトルとして扱われます。

瞬間的な衝撃です。llSetForce が継続的な押しになります。"瞬間的な" というのは 1 秒の衝撃と思われます。(kg単位での) オブジェクトの質量と同じ (ニュートン単位で) 力を 1 秒間加え続けると、速度を 1 (メートル/秒) 上昇させるためで、これがこの関数で起こっていることのようだからです。

警告

  • オブジェクトは物理属性にしてください。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

//オブジェクトを rez して、スクリプトをその中に入れます。
//オーナーに向けて発射します。
default {
     state_entry() {
          list p = llGetObjectDetails(llGetOwner(), [OBJECT_POS]);
          if(p != []) {
              llSetStatus(STATUS_PHYSICS, TRUE);
              vector pos = llList2Vector(p, 0);
              vector direction = llVecNorm(pos - llGetPos());
              llApplyImpulse(direction * 100, 0);
          }
     }
}

関連項目

関数

•  llApplyRotationalImpulse
•  llSetForce 持続的な力を設定します

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llApplyImpulse( vector force, integer local );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。