PRIM TEXT/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search


Emblem-important-red.png 警告 リリース前の文書

この 定数 はまだ使用できません。この記事はリリース前に書かれたもので、最終的な実装が反映されていない可能性があります。リリース予定時期 サーバ 1.38.0

解説

定数: integer PRIM_TEXT = 26;

integer 定数 PRIM_TEXT の値は 26 です。

オブジェクトの フローティングテキスト を取得したり設定したりするのに使います。

llSetPrimitiveParams

llSetPrimitiveParams([ PRIM_TEXT, string text, vector color, float alpha ]);
• string text 表示する フローティングテキスト
• vector color RGB の <R, G, B> (<0.0, 0.0, 0.0> = 黒, <1.0, 1.0, 1.0> = 白)
• float alpha 0.0 (透過) ~ 1.0 (表示) (0.0 <= alpha <= 1.0)

構文: llSetPrimitiveParams, llSetLinkPrimitiveParams & llSetLinkPrimitiveParamsFast

llGetPrimitiveParams

llGetPrimitiveParams([ PRIM_TEXT ]);

Returns the list [ string text, vector color, float alpha ]

• string text 表示されている フローティングテキスト
• vector color RGB の <R, G, B> (<0.0, 0.0, 0.0> = 黒, <1.0, 1.0, 1.0> = 白)
• float alpha 0.0 (透過) ~ 1.0 (表示) (0.0 <= alpha <= 1.0)

構文: llGetPrimitiveParams, llGetLinkPrimitiveParams

警告

  • ストレージ媒体として フローティングテキスト の機能が使えると思わないでください。これは不完全ですし、安全なものでもありません。
    • フローティングテキストはサーバの更新時に変更になったことが過去にあり、その際に既に設定されている内容は消去されていました。将来も変更が発生する可能性があります。
    • 「不可視」[1] のフローティングテキストもクライアントに送信されます。
      • 不可視にしているテキストを表示することのできるクライアントを持っている人が見れてしまう可能性があります。
      • テキストが含まれている通信パケットが盗聴され、テキストが読まれる可能性があります。
JIRA で関連バグを検索する

関連記事

特記事項

全ての記事

JIRA で関連記事を検索

脚注

  1. ^ フローティングテキストの alpha を 1.0 に設定すると「不可視」になります。
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)