LlGetLocalRot/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: rotation llGetLocalRot( );

ルートプリムに対して相対的なプリムの回転を rotation で返します。

もしルートプリムから呼ばれたのであれば、オブジェクトの回転を返します。

サンプル

 //--// ドアスクリプト - Works At ANY Angle //--//
 
//-- 単体プリムのドアなら、リンクされていてもリンクされていなくても動きます
//-- マルチプリムドアでは大きな建物にリンクされていなければ動きます
//-- 必要なもの: カットされたルートプリム。キューブで、パスカットが開始=.125 、終了=.625 が望ましい
//-- 注意: 単体プリムのドアは幅が 5 m までに制限されます
 
 //--// ここを編集してね v
integer vgIntDoorSwing = 90;
//-- -# を使うと逆方向にスイングします 例 -90;
 
 
rotation vgRotDoorSwing;
 
default{
  state_entry(){
    vgRotDoorSwing = llEuler2Rot( <0.0, 0.0, vgIntDoorSwing> * DEG_TO_RAD );
  }
 
  touch_start( integer vIntTouched ){
     //- タッチされるたびにスイングの方向を変えるスモールハック
    vgRotDoorSwing.s *= -1;
    llSetLocalRot( vgRotDoorSwing * llGetLocalRot() );
  }
}

注意点

ルートから呼ばれた場合、オブジェクトのリージョンに相対的な回転を返します。

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function rotation llGetLocalRot();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。